金田政実のいのち大学

平成25年2月16日の「早川一光」さんへのコメント

 

演 題 「生の養生~お陰を知る生き方~」

 

30代女性
・早川先生、金田先生、そしていろいろな方のお話をお聞かせいただき、生かされていることの有難さを感じました。痛みや悲しみを知っているから、人に優しくできるのではないか、と思います。今日の話や日々の生活の中での気付きを感謝に変えて、「おかげさま」で生きていきたいと決意いたしました。


40代女性
・今日は、早川先生と奥様にお会い出来て、とても嬉しく、今日の日が、人生でとても大切な1日になりました。金田先生、奥様にも、お会い出来て、よかったです。本日、いのち大学に入学しこれから、たくさん学び、命の大切さを学んでいきたいと思いました。


・今回初めて「一宮いのち大学」に参加させていただきありがとうございました。早川先生のお話を聞けて、生きることの意味 命の大切さを考えさせられました。私の母は、リウマチで足が悪く歩くことはできますが足が時々痛い痛いと言います。母の大切さを考えさせられました。もっと大切に親をしたいと思います。早川先生のように元気に毎日を大切に生きたいです。早川先生の奥様のように自分の主人を大切にします。


・早川先生と金田先生のトークがとっても温かく楽しく聴くことができました。また、生徒の皆さんが、とてもステキな生き方をされているのも、聴くことができとても良かったです。早川先生がとてもお元気でいらっしゃる。また、笑うこと、楽しむことをとても大切にされ、それを人に伝えられていることにとてもすごいと思いました。病気のことは、病気をわずらった人が話すことが大切だとも聴きいのちの大切さを実感しました。言葉がけ、手をかけられる大切さも実感しました。今日は、温かい一日になりました。早川先生、金田先生お体を大切にされ、お会いできる日を楽しみにしております。


・肺1/4切除の父がよくなったら連れてきたいです。自分への宣告も家族へのでも。今は、同じようにつらいです。つらいまま、考えられないのです。病気で死と向き合うのは涙と手の汗の記憶で、希望が見えた時にはすべてに感謝したくなる。不思議ですが、希望や明るさが見えると、生き続けられるのかなと思います。意識のない子供に1ッカ月ぶりに食事を与えてくれる決意をした看護師さんとの夜の15分を今も覚えています。その人と1さじのヨーグルトが命を吹き返してくれたのです。やはり、人間が人間を救うのだと思うと不思議でありあたたかいものがこみあげてくるのです。つらい抗議であり、うわべだけでない血の通った講義でした。


・とても暖かいお話でした。欲ばかりの私でしたが、足ることを知るということを学びました。本当に何かを持って死ぬことはできないのですね。そして命の大切さを自分自身にも子供たちにも教えていきたいと思います。親にさせて頂いた喜びを忘れずに子育て自分育てをしたいと思います。


40代男性
・参加型のいのち大学もいいなあと思いました。皆さんの逆境経験は苦しい時に「自分だけじゃない」と思えて力になります。素敵な「いのち大学」の講座でした。全快を祈っております。


50代女性
・初めて参加させていただきました。皆が参加できる講座で、楽しく聞かせていただき、ありがとうございました。最近読んだ本「希望の地図」重松清著、「海の石」「花の冠」大越桂著。今年安曇野の道祖神を訪ねる予定ですので、本の話にびっくりしました。主人が21歳の時に訪ねて油絵に描いた道祖神をさがしてきます(主人は39歳で亡くなっています)。


・1年間、楽しい時間、有意義な時間を過ごすことができました。いのち大学で豊かな心を養っていきたいと思います。これからも楽しみにしています。


・「思い方・考え方・生き方」本当に「素晴らしい」の一言です。金田先生の最後のお言葉 動かなければ出会えない、話さなければ広がらない、聴かなければ深まらない! 本当にそうですね。


・人生は「足らんのがあたりまえ」、荷物は「無いのがあたりまえ」生きることが楽になる言葉でした。大切なことは命の限り、その大切さを追及していくことであると教えていただきました。


・とても感動しました。早川先生のお話にいつも元気を頂きありがたいです。金田先生が入院されていた事にびっくりしました。入院中の出来事を聞き、金田先生らしい人間味を感じました。今日のお話を聞いて、いのち大学の素晴らしさを再確認させていただきました。金田先生、お身体ご自愛ください。


・早川先生の気高さを改めて感じた講義でした。生きているといろいろ、バタバタすることが多いですが、多いですが、信念を持って暮らしていきたいと思います。早川先生、ユキ奥様、お二人のようなさりげないご夫婦になりたいです。(金田先生のご病気が早く全快されますように。)


・きたんのない話で、面白く笑って過ごせました。


・金田先生の入院中の様々なところで感謝を評されたエピソードを伺い、さすが金田先生だと感銘いたしました。ほかの3名の方々の体験談も深く心に残りました。これからどう生きたいかを考え、そのモデルとなる方のお話を伺ったり、本を読んだりと、いつも気にかけていたいと思いました。


50代男性
・今日の「いのち大学」は特にすばらしい会になりました。3人の受講生の方々のお話を聞いて、受講生の方々がこの「いのち大学」を通して多くのことを学んでいらっしゃるのだということがよくわかりました。まさに人生を学ぶ大学ということですね。


・「いのち大学」ご苦労様でした。早川先生と金田先生のトークはとても素晴らしかったと思います。受講生の皆さん引き込まれていました。最後に早川先生の著書を読まれた時も早川先生の奥様が涙ぐんで見えたのが印象的でした。心温まる講座となりました。「いのち大学」の温かい優しい空気が大好きです。


・"人の世話して酒三升"が大変印象に残りました。人のためになることをやらせていただくという気持ちを大切にして生きていきたいと思います。素晴らしい講座に参加させていただき感謝の気持ちでいっぱいです。


60代女性
・本日は実体験を通しての講演を身にしみる思いで聴講させていただきまして、本当に感謝です。これからの人生、「使ってきたものは不具合があってあたりまえ」そして今日一日楽しい日、お陰様であったと思える日、その日のためには、何事も笑顔で過ごしていけますよう努力していきます。


・素晴らしい時を頂きました。


・今日も一日感謝です。命の大切さをしっかり学び心豊かに人生を生きて生きたいですね。私も三年前に大きな怪我をして命をもらいました。この「いのち大学」の主宰の金田先生に感謝いたします。
・身体のあちらこちらに不具合が起こりながら平凡な日々を送っています。今日のお話を聞き、普通の生活の中にも楽しみ、笑いが、大事だと思いました。わずかなことでも感謝して日々を過ごしたいと思います。


・本日は、早川先生にお会いできるのを楽しみに来ました。また、お元気な奥様にお目にかかり嬉しく思いました。早川先生と金田先生の対談がすごく勉強になりました。追いも恐ろしくなりました。早川先生のお話通り、いっぱい、いっぱい笑って生きて行くように心掛けたいと思います。


・早川先生の生き方上手の話を聞き、老いの生き方を教えていただきました。金田先生の体験や、三人の方の体験も聞け、すばらしかった。早川先生の奥様の話も、とてもよかったです。


・90歳になられる早川先生、元気の源はなんでしょう。心から笑うことでしょうか。また来年お会いできることを楽しみにしております。


・とても、いいお話でした。これからの生き方、心の持ち方などしっかり心にとめてがんばります。


・65年間、元気一番が私の財産と思っていましたのに、1月22日に、予期せぬ4台の交通事故の玉突きの真ん中で毎日病院通い。今日も元気をいただきたく受講いたしました。さらに体験された方のお話を伺って、心に元気と生きるビタミンに、物の考え方と・・本当に幸せなティータイムをありがとうございました。まさに、皆様に支えられて今日もお陰をいただき、感謝感謝です。金田先生お大事に。


60代男性
・人生において笑いをわすれずに生きること。


・受講生の体験を聴くことが出来て大変よかった。現在 趣が多々あり(倖です)。金田先生の対験されてこれからの人生が前向きで頑張っております。おあたえの人生を大切にしております。必ず吾只足るを知る。


・老いは年とともに。いい年をとりたいと思っています。もっともっと先生の話を聞きたいと思いました。


・早川先生とは、これで三回目の出会いに。この講座が始まる前から楽しみに待っていました。金田さんのお導きと感謝しております。早川先生と金田さんとのトークの中で、金田先生の病気、生き方に深く感動を受けました。金田先生の病気に対する性格は私と全く同じです。気が小さく淋しがりやです。宣告をして欲しくない性分です。これからも金田先生とのお付き合いを末永くお願いします。早川先生との3回目の出会いに感謝です。4回目楽しみです。


・第8期第6回の「いのち大学」あっという間の2時間でした。早川先生の絶妙な笑いの中から教え諭されている生き方のご指南、本当に考えさせられることばかりでした。こんなためになる時間はやたらと転がっているものではありません。この講座を聴けたことでまた「宝物」が増えました。一寸先は闇だと言いますが、金田先生が入院されていたこともビックリ仰天なことでした。「まさかのさかは いつやってくるかもしれない」のは人生だとわかっていても現実になると驚いてしまいます。でもこうしてご無事に今年度最終のいのち大学も開催されて本当に良かったと思いました。お楽しみ抽選で当たったDVD見ました。22年前の早川先生の姿といい、講演の内容といい、これまた素晴らしいものでした。


70代女性
・早川先生のお話と、元気なお姿で昨年から今日までどうにか元気に過ごさせてもらい、今日また、出かけさせてもらえました。今日も沢山の笑い、少し気になりだしたくしゃみの時の・・も歳と思えば心配ないと思うようになります。今日は早川先生と金田先生の対談、参加者の体験等貴重なお話。私も四半世紀前になりますが、くも膜下出血の手術を受けました。以来、今日まで元気に過ごさせてもらっています。いのち大学に参加できる幸せに感謝です。


・始めにリズムに乗っての入場、ほっとしました。元気のでる話を沢山聞かせてもらい本当に感謝してます。


・老いをおそれるな! 人間の生き様(生きることの難しさ!)考え方で人生が変わる 人の世話すれば酒三升。


・"人の世話して酒三升"の意味を知りました。また"見えないところも月、光っている所だけが月ではない"という満足感を持ちたいと教わりました。金田先生と早川先生の対談で病に対する心構えのようなものを知らされ、心が落ち着きました。


・"早春賦 春が来た"を歌う人たちは、皆、若いいい人ばかり。白髪頭が目立ちます。丸い背中にいとおしさを覚えました。早川先生ありがとうございました。奥様お元気で。来年もお待ち申し上げます。金田先生 御身体大切にお元気でいて下さいませ。


・生き方 死に方 一人で生まれ一人で死ぬ 無一物 名前だけが残るような生き方を 心がけたいと思いました。


・先生のお元気で長生きしてください。よいお話をありがとうございました。


80代女性
・お元気なお姿に再度お会いできてとても嬉しかったです。笑いを入れて解りやすいよいお話でよかったです。いつまでもお元気で仲良くお暮らし下さいませ。

 

年代不明
・金田先生の病を初めてお聞きし本当に驚きました。先生のお人柄がよくわかります。ご尊敬申し上げる私でございます。今日の先生のお話で健康の有難さをしみじみ感ずる私です。いつまでもお元気で「いのち大学」を続けて下さいませ。


・早川先生、奥様のお元気な様子に接し、ほっとしました。今回は、金田先生の入院話が出てびっくりしました。病後です。ご自愛ください。お手伝い頂く皆様もご自愛ください。私は胃潰瘍で吐血し9日間の入院体験しました。3日間点滴のみ、その時は3日間、絶飲食でしたので、4日目から出たおかゆ〈ほとんどスープ状態米粒が20粒〉の嬉しかったこと。その後の食事も全くうす味でしたが完食。今は、全てに感謝して毎日完食し、お皿にも注意してソースやしょうゆが残らない様にして過ごしています。食べられる事に感謝ですね。以前、いのち大学で①告知はする ②延命はしない ③葬式はしない と学んだように思います。私もいつも考えています。


・本日は、早川先生 奥様 金田先生 胸いっぱいにこみ上げる思いで聞き入りました。表現できないほどの感謝です。京都からこの寒いこの日に いのち大学におこし下さいましてありがとうございました。金田先生が体調をくずされたこと、びっくりでした。くれぐれもお大切に。ありがたい時間をありがとうございました。


ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system