金田政実のいのち大学

平成26年3月22日の「戸田和正」さんへのコメント

 

戸田写真

演 題

いのち大学第9期第7回『いのちの讃歌~夢を語り、未来を語り、人生を語り~』

 

20代女性・この度、I先生の紹介により、このような
講座があることを知りました。そして、今日中学生の時3年間お世話になった戸田先生の話を聞くことができて本当によかったです。戸田先生と出会えたこと、そして今日金田先生と出会えたことは、とても貴重で私の人生において素晴らしいことだと思います。これまで、戸田先生から学んだことを、これから教師として子どもたちに伝えていきたいと思います。あらためて、先生のようになりたいと思いました。もっともっと人として成長していきたいと思います。


・今日は、戸田先生の教え子として参加させていただきました。久しぶりに、戸田先生にお会いしてなつかしい気持ちが心にこみ上げてきました。教員としてどうあるべきかを考えるいい機会をいただきました。また、戸田先生、金田先生のお話から、人との出会いが自分を成長させること、そしてその出会いを大切にし、感謝することが自分の人生を実りあるものにするのだと知りました。その素晴らしいことを生徒に伝えられるように、自分が人との出会いを大切にしていけるよう努めていきたいと思います。これから長い教員生活を日々成長しながら歩んでいきたいと思います。

20代男性・久しぶりに戸田先生のお話を聞くことができ、自分が中学生だった時とはまた違った気持で聞くことができました。心の深くにつきささる言葉が沢山ありました。今、心から思うことは、あの時、戸田先生が担任の先生でよかったという気持ちです。


30代女性

・はじめて参加させていただきました。戸田先生のご講演があると聞いて来ました。戸田先生のお話はとてもなつかしく、中学時代に戻ったような心地とともに、今だからこそ感じたたくさんの気づき、大切にしたいと思います。子どもたちのため・・と、ずっとがんばっていらっしゃる戸田先生の姿を見て、私も、子どもたち、そして「お母さん」たちのためになることをがんばりたいと思っています。"老いじたく"とは、少しニュアンスのちがう"ライフリニューアル"という「第二の人生をはじめるお手伝い」を、春からはじめます。このタイミングで「いのち大学」というのに出会えたことは、私にとって大切な出会いと思います。また、お話をうかがいに来られたらと思っています。


・22年前に、戸田先生にバスケ部でお世話になりました。ご退職されると聞き、本日、久しぶりに授業を受けに来ました。忘れていたことを色々思い出しました。


・本日は、ありがとうございました。戸田先生のように、思いが伝えられる教師になりたいなぁと、いつも思っております。長い間、戸田先生の近くで


40代女性・初めて、人前でハンカチを使いました。いつも気力で引っ込めるのに 今日は心に清らかな水が湧きました。来年も聞きたいです。釜先生は理科? 中学の時は、人生を照らす先生に会えるものだと思いました。


・今日は、本当に戸田先生ありがとうございました。私も縁を頂き、こうして先生のお話を伺うことができました。本当に幸せです。先生の本当に心から優しい人柄に毎日触れることができた子どもたち、つくづくうらやましいです。できましたら、私も先生に教えていただきたかったです(生徒として)。そんな、心優しい戸田先生も、金田先生のお人柄に出会えたらこそ・・なんですね。子どもと本気で関わることの大切さ、母として子どもへの愛情の深さなど、今日は学ばせていただきました。

40代男性

・堅苦しい現在の世の中で、唯一、金田先瀬の笑顔を拝顔させて頂くとなぜか、ココロが気持ち良くほぐれます。感謝を込めて・・


50代女性・私は中学2年釜先生に担任してもらい、中学3年金田先生に担任してもらいました。そして、息子が中学生の時、青木先生にすごくお世話になりました。そして、お話の中に出てきた須永さんの詩もいろいろな時に励まされてきました。生徒だった頃、子どもを持つ親として悩んでいた自分。今まで生きてきて、多くの人と出会い励まされ、今の自分があるのだと改めて実感しました。戸田先生のことは、友人の息子さん娘さんが、お世話になったといつも聞いていたので。今日、先生のお話が聞けて本当によかったです。


・心温まるお話でした。これからも、ご活躍下さい。


・担任された生徒さんとの関わり方素晴らしいと思いました。
また、金田先生の偉大さもよくわかりました。息子のことで悩んでいますが、ヒントを与えていただけたと思います。
いろいろな全てのお話感激いたしました。先生方に教えて頂けた生徒さんとても幸せだと思います。


・中学生になっても「子供を抱きしめてあげて」というお言葉、胸が痛いです。もっと子供を抱きしめてあげればと反省です。仕事と子育ての両立忙しすぎて子どもを見てやれなかった。悔やみます。


・先生ありがとうございました。小学校から初めて中学校に勤務して、先生の温かいお人柄にふれ、中学校でも心を失わずにつとめることができました。あと少し、先生に少しでも近づけるように、がんばります。


・戸田先生の語りは絶品と伺っておりましたが、その通りでした。終始穏やかな語り口には引き込まれました思わず涙する場面が何度もありました。新しい教師としての舞台、ご活躍を祈ります。

60代女性・人との出会いは、大切だなあと感じる今日この頃。我が人生、見ず知らずの人の手中にあるのは、残念です毎回、自分に納得できる内容で心地良い会に出かけられる事には、感謝です。お手伝いいただく皆さん、ありがとうございます。第10期も全講座出席できます様に、健康に気をつけたいと思います。うれしいは3日、 ・・・は3ヶ月、・・・は3年、・・・は生涯 ・・・を教えてください。
「うれしいは3日、感激は3か月、小さな感動は3年、大きな感動は生涯続く」です。(金田より)


・今日は本当に感動しました。自分の学生時代を思い出し、いろいろな先生にお世話になったことを思い出しました。1日の半分、学校で過ごしとても楽しかったです。わがままな私でしたが、先生方は本当によくご指導していただきました。今、前向きにまっすぐ生きていられるのは、本当に先生方のおかげと感謝しています。


・戸田先生の優しさがにじみ出ているお話でした。先生と出会えた子どもたちは本当に幸せなことだと思います。先生が再び、教壇に登られるということで本当に嬉しく思います。  

  
・"白いチューリップ"の優しいあたたかい語りに思わず涙しました。マイクを離して語られた場面は、教師としての思いや願いがいっぱいでした。若い先生方に聞いてほしいと思いました。

不明

・人の出会いとは、すばらしいものだと思いました。


・戸田先生と、金田先生の、御関係を始めて知りました。血を分けた兄弟、以上の深くも尊い御関係には、頭がさがる思いです。我が一宮市に、こんなに素晴らしいお二人の先生が御奉職なされたことに深い感謝といい知れぬ誇りを覚えます。「生徒に如何に接すべきか」こんなタイトルの本を上梓して戴きたいです。


・ありがとうございました。いっぱい泣きました。でも、ほんとうに母子家庭の人もいます。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system