金田政実のいのち大学

平成26年10月18日の「内藤洋子」さんへのコメント

 

丹羽写真

演 題

いのち大学第10期 第4回『私の「好き」を見つけよう』

エッセイスト 内藤洋子さん

 

当日の講師を予定していた早川一光先生の急な体調不良により、ピンチヒッターとして当講座にご登壇頂いたのがエッセイストの内藤洋子さん。

あたたかい太陽のもと、フワリと心地よい秋風に吹かれてやってきたような内藤さん。容姿の端麗さもさることながら、お話も悲しいのに痛快で、重いはずなのにユーモアたっぷりで、聞きごたえ十分でした。

 

40代女性・とても楽しいお話ありがとうございました。内藤洋子さんが、平野謙さんのお姉様だということを存じあげていませんでした。私が小中学生だった頃、平野選手の大ファンだったので、本当に興味深いお話でした。栄中日文化センター、私も「太極拳」に通っています。お話に出てきた、中村日赤あたりも、中村スポーツセンターでの練習のためによく通ります。私の「好き」は、お金には結びつかない、あくまで趣味のものですが、これからもずっと続けていきたいと思っています。焦らず一生懸命やっていれば、きっと縁はめぐってくると信じて、本気で取り組んでいきたいと思っています。


50代女性・先生の生い立ちをお聞きし、大変御苦労されたのですね。まわりの皆様に助けられてやってこれたとお話し下さいましたが、昔の方の情け深いお気持ちにも感動しました。どんな状況におかれても、めげず、くじけず、一生懸命生きていきたいと思いました。ありがとうございました。本を読んでみたくなりました。


・幼い頃より、とても苦労されたのに、そんな事も物ともせず、痛快に切り抜けていかれた御様子。潔さを感じました。その姿に周りの人々のあたたかい人情が、引き出され、奇跡のような出来事が起こったのですね。すばらしいお話をありがとうございました。

 

50代男性

・十数年前に講演会で内藤洋子さんのお話を聴きました。その時も笑いと涙でとても感動したことを覚えています。久しぶりに今日のお話を聴き、再び平野金物店の商店街の風景を頭の中に思いえがくことができました。一生懸命生きていれば、必ずそれを見てくれている人がいて、良き出会いがあって、神様に助けてもらえるのだと思います。今日はとても元気がもらえよかったです。内藤洋子さんのお話を聴けて、幸せな気分になりました。ありがとうございました。

 
60代女性・初めてお会いするのに初めてとは思えない。とても軽快なお話に引き込まれ、自身の頭、心の準備がなかったことにチョット後悔。もう少し、自身の頭の体操を、行えるように努力したいと思いました。次回もお聞きしたいです。ステキに歳を重ねてみえますね!!


・とても楽しく時間があっという間に過ぎてしまいました。中村区に10年くらい住んでいましたので、なつかしさもありました。もう少しお話を聞きたかったです。


・大変な人生を歩まれ、御苦労さんでした。自分の人生とは想像もつかないものでした。ついつい聞き入ってしまっている自分を感じました。ありがとうございました。


・両親を早く亡くされよく頑張られたと思いました。明るく人生をドラマのように、でも自分に正直に生きられたのだと思います。生きた時代も同じくらいで、なつかしさを感じました。


・本にないお話をきけてよかったです。


・エッセイとは初めてでしたが、よく解り身近に感じました。一度書いてみようかな。

 

60代男性

・本日は、ありがとうございました。演題である「好き」とはで、人生を振り返りながら締めで聞かせていただき、人生とは苦も楽も人生劇場の中の一場面であり、自分の糧にして好きこそ物の上手なれであれば、苦もなく、世界で一つしかないすばらしい色合いのある人生を演じることができると思えました。!

 

70代女性・いいお話をありがとうございました。


・早川先生の味のあるお話も楽しみですが、急きょ変更の内藤先生のお話も貴重な真剣に生きられた話で、感動しました。今日の出会いは、今日の私のみの話なり。


・内藤洋子さんは、お会いしたことはありませんが、お名前は前から存じておりました。中日新聞での掲載にも、よく目を通しています。笑顔もステキですし、明るい方に、私も大いに見習って笑いのある生活で日々を過ごしていきたいです。ありがとうございました。毎回、気持ちが洗われ、"来て良かったな"と思わずにはいられません。本当にありがとうございました。


・すばらしいお話でした。苦労話も大変おもしろくされ、話に聞き入ってしまいました。

 

80代男性・きびしい人生、自然とナミダが出ていました。お話が上手で映画を観ている感じで拝聴していました。10年後にまた、その後の人生をお聴きしたい。と思っております。


年齢不詳 女性・今日は、内藤先生の力強い生き方をおきき出来、勉強になりました。よく弟さんとがんばりぬいた事。尊敬致します。人の情けは、どこかに必ずあることを、つくづく感じました。私の「好き」を探してみようと思います。

年齢不詳 男性・内藤先生の半生の自伝小説を地で行く素敵なお話に感動いたしました。姉弟愛の極みとも言うべき、弟さんが小学6年の時の京都のお土産の額と父上様のお手紙を、今も大切に保存されておられるとは・・!洗練された美貌と洗練された話術には、唯々頭が下がりました。


・内藤先生は、人生の転機がたくさんあったことに驚きました。これほどの経験をされた方は、今の時代、そんなにはいないでしょうね。きっと、今の才能を開花させるためのプロローグだったのでしょう。親せきが自分たちを見離したのに、ご近所の人、友達の祖母、多くの人が、支えてくださったことが、今の内藤先生の輝きに結びついていると思うと、私も元気をいただけたように思います。今日の講義も大変良かったです。毎回楽しみにしています。楽しいひとときをありがとうございました。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system